ホームページ制作でお金がかかる理由【無料で作る場合との違いを解説】

ホームページ制作でお金がかかる理由【無料で作る場合との違いを解説】

[PR]弊社の紹介する商品・サービスの一部リンクには、広告を使用している場合があります。

フリーランスへの発注ならGiveDesign!

ホームページを制作する場合、依頼する内容によってはかなり費用がかかってしまう場合があります。

そういった料金の目安や内訳を理解しておくことで、料金に納得できたり騙されずに済むかもしれません。

ぜひこの記事を参考に、ホームページ制作の見積もりを確認してみて下さい。

ホームページ制作でお金がかかる理由

ホームページ制作でお金がかかる理由

ホームページ制作において、お金がかかる理由は基本的にこの10個です。

  • 人件費
  • サーバー費用
  • ドメイン費用
  • デザイン費用
  • コーディング費用
  • ディレクション費用
  • テンプレート費用
  • 管理費用
  • SEO対策費用
  • 広告運用費用

それぞれをわかりやすいコストとわかりにくいコストに分けて、詳しくまとめていきます。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

わかりやすいコスト

わかりやすいコスト

わかりやすいコストとしては、この7つがあります。

  • 人件費
  • サーバー費用
  • ドメイン費用
  • デザイン費用
  • コーディング費用
  • ディレクション費用
  • テンプレート費用

それぞれの意味について詳しく解説していきます。

人件費

人件費は、そのままホームページ制作をする際にかかる人件費です。

ホームページが完成するまでには、デザインから制作、テスト、場合によっては管理までも含めて様々な業務があります。

ホームページ制作を含めてIT業界は、原価率が低い場合が多いので、この「人件費」が予算の大半を占めている場合もあります。

サーバー費用

レンタルサーバーなどのサーバー費用です。
よほど大規模のサイト出ない場合には、エックスサーバーConoHa WINGなどの低価格でも利用できるサーバーを使用します。

料金の目安としては、月額1000円程度です。

その他にもおすすめできるレンタルサーバーについては、こちらの記事で紹介しています。

ドメイン費用

○○.comや○○.jpなどのドメインにかかる費用です。
基本的には1000円〜3000円程度で取得できます。

ただし、文字数の短い「プレミアムドメイン」や、○○.incなど取得時に数十万円以上かかる高額なドメインも存在します。

おすすめのドメイン取得サービスドメインの種類については、こちらの記事でまとめています。

デザイン費用

Webサイトのデザインによっても費用が大きく変わってきます。

デザインやアニメーションにこだわると高額になってしまいがちですが、テンプレートデザインで済ませるとかなり費用を抑えられます。

コーディング費用

完成したデザインをもとに、サイトにしていく際にかかり費用です。

HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語で制作する場合もありますが、最近ではWordPressやSTUDIO、Wixなどといったローコードやノーコードのサービスで制作をする場合も増えてきてきます。

基本的には、デザイン費用に比べて単価が安くなります。

ディレクション費用

ディレクション費用は、サイト制作の費用の10〜20%、高い場合だと30%程度で設定される場合があります。

ただし、制作を依頼する企業によってはディレクション費用が発生しない場合もあります。

テンプレート費用

WordPressやSTUDIOなどの場合、ある程度のデザインが設定されている「テンプレート(WordPressの場合だとWordPressテーマ)」というものがあります。

このテンプレートによってデザインや機能が決まってきます。

市販のテンプレートだと無料なものから数万円程度で販売されているものもありますが、オリジナルで制作する場合だと数十万円、ものによっては数百万円程必要なケースもあります。

よほどのこだわりがない場合には、市販のテンプレートを利用して制作する場合が多いです。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

わかりにくいコスト

わかりにくいコスト

次に、わかりやすいコストとしてはこの3つがあります。

  • 管理費用
  • SEO対策費用
  • 広告運用費用

場合によっては不要な項目もあります。

管理費用

ホームページの保守や管理、修正対応などのサポートです。
依頼内容によっても変わってきますが、月額あたり1万円前後が一般的です。

HTMLで制作してブログなども設置しない場合にはこの管理費用が不要な場合がありますが、WordPressで制作したり、ブログを設置する場合には必要なケースが多いです。

SEO対策費用

Googleなどの検索エンジンからホームページへの集客を行う際にかかる費用です。

制作するサイトの業種や目標によっても費用は大きく変わってきます。

名刺代わりの簡単なホームページの場合にはこの施策は不要ですが、Webで集客をしたい場合には必須です。
月額あたり数万円〜数十万円で実施するケースが多いです。

広告運用費用

広告を出稿してホームページへのアクセス数を増やしたり、LP(ランディングページ)で商品を売り込みたい場合にかかる費用です。

広告出稿時の費用は業種や媒体によって単価が変わってきます。
その広告出稿時の費用の10〜20%を制作会社への手数料として支払うケースが多いです。

Web集客を通して売り上げを伸ばしたい場合、SNSや広告、SEO対策のどれが適しているのかは商材によっても変わってくるので、ぜひ事前に制作会社に相談を行って下さい。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

無料でホームページを作る場合とどう違うの?

無料でホームページを作る場合とどう違うの?

ホームページは無料で作ることもできますが、プロに依頼した場合と次のような差が出てきます。

  • クオリティーが高くなる
  • スケジュール通りに進めやすい
  • Webマーケティングも行うことができる

このようなメリットを感じたい場合には、ぜひ制作会社への発注を検討してみてください!

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

実際に制作すると、これぐらいの料金がかかります

実際に制作すると、これぐらいの料金がかかります

制作会社にホームページ制作を委託した場合には、どのくらいの料金になってくるのでしょうか。

名刺代わりのライトなホームページだと、10〜30万円程度で収まる場合が多いです。
デザインにこだわったり、ページ数が数十ページ程度の中規模な場合だと50万円〜100万円前後が相場です。

予約機能や決済、会員登録などのシステムを組み込んだりすると、1000万円を超えてくる場合もあります。

ホームページ制作における詳しい相場についてはこちらの記事で解説しているので、気になる方はぜひ一度読んでみて下さい。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

ホームページ制作の費用を安くする方法

ホームページ制作の費用を安くする方法

どうしてもホームページ制作の費用が高く感じていて、とにかくコストを下げたいという場合には、次のような方法もあります。

  • 自分で作る
  • 機能を絞る
  • ページ数を減らす
  • 月額費用のみで制作する(サブスクリプション)
  • テンプレートデザインを選択する
  • 補助金・助成金を活用する

どれも注意すべき点はあるので、事前にメリット・デメリットを理解した上で依頼を行ってください。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

ホームページ制作ならGiveDesign!

ホームページ制作ならGiveDesign!

ホームページを制作するなら、ぜひ私たちにご相談下さい。

場合によっては無料でサイトを制作することのできるサブスクリプション型のプランもご用意しているので、まとまった予算が取れない場合にもおすすめです。

見積もりから無料で行っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

フリーランスへの発注ならGiveDesign!
サイト制作・マーケティングならGiveDesign!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならGiveDesign!
無料見積り