ホームページ制作を外注する際の注意点【おすすめの運用方法を紹介します】

ホームページ制作を外注する際の注意点【おすすめの運用方法を紹介します】

PR (一部リンクに広告を使用している場合があります

フリーランスへの発注ならGiveDesign!

ホームページを自身で作れない場合や、案件を取りすぎて対応が間に合いそうになく、外注しようと考えたことがあるかもしれません。

外注をすれば作業が楽になるというメリットもあれば、しっかり確認をしなければトラブルや訴訟問題に発展してしまうケースもあります。

この記事で書いていることをしっかり確認し、外注で失敗をしないようにしましょう。

ホームページ制作の外注について

ホームページ制作の外注について

ホームページ制作の外注については、こちらの記事で紹介しています。

外注するメリットやデメリットについて記載しているので、ぜひ先に読んでみてください。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

ホームページ制作を外注する際の注意点

ホームページ制作を外注する際の注意点

ホームページ制作を外注する際には、次の3つを注意する必要があります。

  • 納品後の対応を確認する
  • ドメインやサーバーはどちらで管理するかを確認する
  • 料金は相場通りか確認する

どれもトラブルに発展する場合がある項目なので、より詳しく解説します。

納品後の対応を確認する

納品後にどのような対応をするのか確認しておきましょう。

保守管理はしてもらえるのか、著作権はどちらにあるのか、管理者権限を渡してもらえるのかなどです。

事前に確認しておかないと、納品後の管理で困ってしまったり、保守などを解約する際にサイトを閉じなければならない、といった場合があります。

ドメインやサーバーはどちらで管理するかを確認する

保守管理などを行う場合、ドメインやサーバーはどちらで管理するのかを確認しておきましょう。

ドメインやサーバーを自身で管理できないと、保守を解約した際にサイトが使えなくなってしまったり、サイトのURLやメールアドレスを変更しないといけなくなってしまいます。

現在のレンタルサーバーやドメイン取得サービスは、あまりWebに詳しくない方でも契約がしやすくなっています。

なので、自身で契約を行い、必要に応じてログイン情報を共有することをおすすめします。
訴訟問題になっているケースも多いので、しっかり確認しておきましょう。

料金は相場通りか確認する

制作料金や保守管理などの料金が適切かどうかも確認しておきましょう。

依頼する空いてが法人・個人かによっても値段は大きく変わりますし、制作するサイトの規模や目的によっても料金は大きく変動します。

ざっくりとした料金の相場についてはこちらの記事でまとめているので、発注前に確認してみて下さい。

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

ホームページ制作の外注もかなり大変です

ホームページ制作の外注もかなり大変です

ホームページは自分で作るのも大変ですが、外注するのも大変です。
上記の項目を事前確認をしておかないと、トラブルに発展しやすくなってしまいます。

プロに任せるから安心とは思わず、わからないことは確認するなどして、注意して発注しましょう!

\ ホームページ制作ならGiveDesign! /

フリーランスへの発注ならGiveDesign!
サイト制作・マーケティングならGiveDesign!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならGiveDesign!
無料見積り