WordPressの始め方を解説!【手順をまとめました】

WordPressの始め方を解説!【手順をまとめました】

この記事では、WordPressを始める方法についてまとめました。
必要な項目や、おすすめのサービスも書いています。

WordPressを使ったことがないという方は、ぜひこの記事の手順にそって始めてみてください。

ではいきましょう!

この記事の目次

WordPressを使い始めるまでの手順

WordPressを使い始めるまでの手順

まずは、WordPressを使い始めるまでの手順についてまとめていきます。
ざっくり、この5つです。

  • サーバー契約
  • ドメイン取得
  • DNS設定
  • WordPressの簡単インストール
  • 初期設定

それぞれについて、詳しくまとめていきます。

WordPressを使い始める
までの手順①

レンタルサーバー契約

レンタルサーバー契約

まずは、サーバーを契約しましょう。

サーバーというと高額なイメージがあるかもしれません。
ですが、現在では数百円から数千円程度で利用できるレンタルサーバーがほとんどです。

その為、年間契約でも1万円程度と格安で利用できます。
中でも、おすすめのレンタルサーバーはConoHa WING(コノハウィング)です。

処理速度も速く、価格も安く、初心者でも使いやすい仕様になっています。

実際に、私達のメディアや公式サイトも、こちらのConoHa WINGを利用しています。

気になる方は、一度検討してみてください。

より詳しい内容はこちらでまとめているので、ぜひ読んでみてください。

サーバー比較はこちらでまとめています。

ConoHa WING以外にもレンタルサーバーはたくさんあるので、こちらで比較してまとめています。

サーバー選びに迷った際にぜひ参考にしてみてください。

>>Web制作におすすめのレンタルサーバーを紹介【3つの軸から選びました!】

WordPressを使い始める
までの手順②

ドメイン取得

ドメイン取得

次にやるべきことが、ドメインの取得です。
◯◯.comや、◯◯.jpなどです。

レンタルサーバー会社によっては無料でついてくる場合がありますが、あまりおすすめはできません。

  • 更新料金が高い場合がある。
  • サーバー乗り換えができないことがある。
  • サーバーを解約するとドメインも消えてしまうことがある。

このようなデメリットを抱えていることもあるので、やはりドメインは他のサービスで取得することをおすすめします。

特に理由がなければ、お名前ドットコムがおすすめです。

価格も安く、運営元も大企業なので安心できます。

また、他にも取得できるサービスはたくさんあるので、自分にとって使いやすい方を利用してみてください。

>>ドメイン取得はここがおすすめです!【結論はどこでもいい】

ドメインの選び方

ドメインには数がたくさんある為、迷うことがあるかもしれません。
ですが、基本的にはこの考えで問題ありません。

  • とにかく安く済ませたい→.com
  • 高くても信頼性を取りたい→.jp

もう少し考えてみたい方は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

>>おすすめのドメインを紹介します!【この中から選べば間違いなし】

WordPressを使い始める
までの手順③

DNS設定

DNS設定

サーバーとドメインを用意したら、DNS設定を行いましょう。
DNSはDomain Name System(ドメイン・ネーム・システム)の略です。

言葉の意味はわからなくても、設定するだけでOKです。

ドメイン側の設定 [お名前ドットコムの場合]

管理画面にログイン
>ドメイン機能一覧
>ネームサーバー設定のネームサーバーの変更
>「1.ドメインの選択」で設定するドメインを選択
>「2.ネームサーバーの選択でその他のサービスを選択
>その他のネームサーバーを使うのネームサーバー1、2,3に契約しているサーバーのDNSを入力

✓ConoHa WINGなら、この3つを順番に入れていきましょう。
・ns-a1.conoha.io
・ns-a2.conoha.io
・ns-a3.conoha.io

※上記はお名前ドットコムとConoHa WINGの場合の例です。
他サーバーとの契約なら「ns-a1.conoha.io」あたりの3つを変更するだけで完了します。

お名前ドットコム以外のサービスだと用語が変わる場所があると思いますが、基本的な操作は共通しています。

サーバー側の設定 [ConoHa WING の場合]

管理画面にログイン
>「サーバー管理」を選択
>契約情報の下の「ドメイン」を選択
>右上の「+ドメイン」のボタンを選択
>新規ドメインを追加で、契約したドメイン(example.com等)を入力
>「保存」を選択

※上記はConoHa WINGの場合の例です。

他レンタルサーバーだと用語が変わる場所があると思いますが、基本的な操作は共通しています。

また、DNS設定がうまく行かない場合には、こちらの記事を読んでみてください。

>>DNDの設定方法!【うまく行かない場合に読んでみてください】

WordPressを使い始める
までの手順④

WordPressのインストール

WordPressのインストール

DNS設定まで完了していたら、WordPressをインストールしていきます。
昔の場合だとエラーが出てきたり、バグの対処などで数日から数週間かかることもありました。

ですが、現在では多くのレンタルサーバーの場合だとワンクリックで簡単にインストールすることが可能です。

ConoHa WINGの場合だと、下記手順で実施することができます。

管理画面にログイン
>「サイト管理」を選択
>契約したドメインを選択
>サイト設定から「WordPress」を選択
>右上の「+WordPress」のボタンを選択
>下記設定にする

・インストール方法→新規インストール
・バージョン→最新版を選択
・URL→wwwなしを選択(どちらでもよいです)
・サイト名→任意のサイト名を入力
・メールアドレス→送受信可能なメールアドレスを入力
・ユーザー名→任意のユーザー名を入力
・パスワード→任意のパスワードを入力
・データベース / ユーザー名→そのままでOK(変更しても良いです)
・コントロールパネルプラグイン→チェックを外す
・自動キャッシュクリアプラグイン→チェックを入れる
・WordPressテーマ→どちらかを選択

>「保存」を選択

他サーバーの場合でのやり方や、応用したインストール方法については、こちらでまとめています。

>>WordPressをインストールする手順【必要な項目を解説しました!】

サブディレクトリを利用したインストール方法などを知りたい方は、一度読んでみてください。

WordPressを使い始める
までの手順⑤

初期設定

初期設定

最後の項目です。
インストールをした後には、こういった初期設定を行っていきます。

  • SSL化 → セキュリティー面での設定
  • 時間・言語設定 → やらなくてもOK
  • パーマリンクの設定 → URLを見やすくする設定
  • プラグインの設定 → セキュリティー、SEOなどの設定
  • 画像の設定 → 画像の増殖を防ぐ設定

サイトの種類や目的によっても、初期設定でやるべき項目は大きく変わります。
ですが、「主に検索エンジンからの集客を行い、読者に最適な情報を届ける」ことを目的に運用する場合が多いと思います。

そんなときには、ぜひこちらの記事の内容を実践してみてください。

>>WordPressの初期設定まとめ【後回しにすると苦労します!】

まとめ。

最後に、この記事のまとめです。
WordPressの始め方をざっくりまとめると、やるべき項目はこの5つです。

  • サーバー契約
  • ドメイン取得
  • DNS設定
  • WordPressインストール
  • 初期設定
項目が多く、難しく感じるかもしれません。
ですが、記事を見ながら実践することで簡単に済ませられると思います。

ぜひ、自分好みのサイトを作ってみてください。

気になった項目があれば、読み返してみてください!

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

WordPressの始め方を解説!【手順をまとめました】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次